地域・社会貢献

HOME > 地域・社会貢献

センターは、本学の「地域に生き世界に伸びる」のモットーを実践すべく、社会貢献活動として、地域社会に対して以下の活動を行っている。

留学生交流情報室(lRlS)

留学生に対しては生活全般や地域との交流に関しての、本学学生に対しては海外留学についての情報を提供する窓口である。また国際交流を企画する地域のグループと本学とを繋ぐ役割も担っている。

ボランティア協議会

地域ボランティア組織間の調整を行い、効率的な交流活動を推進。また交流に必要な情報の集積と提供にも積極的に取り組んでいる。

いちょう日本語プログラム

外国人研究者や学内外国人構成員の配偶者等を対象とした生活日本語講座として、平成16年度からはじめられた。配偶者等が孤立しがちな来日当初に「居場所」を提供することも本プログラムの目的である。

ホストファミリープログラム

ホストファミリーグループと緊密に連絡。来日間もない留学生に地域家庭を紹介するなど、留学生が日本で快適に過ごせるようプログラムの運営・調整を行う。

初任者研修

大阪府の近隣の公立中高等学校初任者教員に対し、毎年2日間に渡り、留学生との交流の機会や複数の教員の講演など社会体験研修プログラムを実施している。

国際理解教育

地域の小、中、高等学校と協働して国際理解教育を進めるとともに、外国人留学生には日本人児童・生徒と触れあう機会を提供している。

地域・社会貢献