研究活動

HOME > センター紹介 > 研究活動

研究・開発

日本語教育のための研究および教材開発をはじめ、留学生教育や英語教材開発にセンター教員が取り組んでいる。また接触場面研究、専門日本語、学習者研究、習得論、談話分析など教員は各自のフィールドを持ち、先端的研究に携わっている。

各種研究会開催

各教員らが自らの専門に応じて専門日本語教育や異文化接面研究などの研究会・コンファレンスに積極的に関わっている。

センター研究会

センター改組を機会にセンター内に研究会「多文化社会と留学生交流研究会」を発足し、概ね月1回のペースで専任教員2名ずつが研究発表を行い、教員間の研究交流を促進している。研究会は、センター兼任教員や非常勤講師にもオープンにして行っている。

独自の日本語教育システムの開発

留学生大量受け入れ時代に向けて独自の日本語教育システム(OUシステム)の構築とそれを支えるリソースの開発に着手している。本システムは、対面授業での教育とともに、web上のリソースおよびe-learningこーすを有機的にカリキュラムに取り入れて学習者の自学自習を促すとともに、さまざまな留学生に多様な日本語学習機会を与えることを目的としている。